☆マッキーのいる生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 『変化』 (BCRN保護ボーダー トトの日記より転記)

<<   作成日時 : 2010/06/06 18:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

トトが我が家に来て2ヶ月になります。
画像


この前一度私の実家に行きました。

私の実家には小型犬4匹居ますが、小型犬達にビビるビビる(笑)
私の先住犬ボーダー2匹にも一切喧嘩を売る事もしないし、ワンコには何も問題がありません。

トトがビビっちゃうので実家では別部屋にしていましたが、それが逆に今までより1対1で接する事が出来ました。


実家では興奮する物を避け、(車や遊びなど)散歩オンリーにしていました。

すると、トトに変化が出てきました。


散歩へ行く時には『ママさん早く行こうよ♪』と言ってるかのように、嬉しい♪って笑顔を散歩中に何度も見せ、私の匂いを確認したりという行動が出てきました。

少しずつ信頼関係が出来てきたように感じます。

やはり普通の散歩でのコミュニケーションはトトには一番良いと思います。

最初は何か気に入らない事があると唸りがありましたが、それからここ1ヶ月、唸りが一切なくなりました。

足を洗っても足を拭いても今は一切唸りません。

この前はシャンプーをしましたが、嫌な顔はしますがちゃんと我慢していました!

しかし、やはり興奮する物…
車や遊びなどではテンションが上がりきってしまうと難しいです。

車に乗る前の興奮は今、こちらが『良し』と言うまではちゃんと我慢出来ます。

しかし車に乗ってしまうと相変わらず大暴れ。。

先住犬がフリスビーをしているとフリスビーよりも動く犬達に反応をします。

勿論フリスビーも大好き。

フリスビーをしたら先住犬達に『どうだ!!』と見せびらかします(笑)


2ヶ月預かって感じたのはやはりどのワンコでもそうですが、まずはトトとは信頼関係を築く事です。
トトはとても賢いので認めるまでは何度も挑戦してきます。

甘すぎてもワガママになるし、厳し過ぎても攻撃的になります。

トトに一番良いのは考えさせる事です。

そして目を見て『言葉』で伝え説明する事です。
これが凄く重要です。

頭ごなしに叱るやり方はトトには通用しません。

でもどうして駄目なのかを考えさせるとちゃんと自分で考え反省をします。

また気分の波を作らず、平常心を保ってあげる事と一定の距離感も大切です。


難しいようにも思うかもしれませんが、こちら側がトトの気持ちを理解しようと向き合えば何も問題はありません。

普段は人が大好きな子です。
今も足広げて寝てますよ(笑)






BCRN保護ボーダー  トトの日記
http://www.tsukika.com/blog/sr4_diary/73bcrn91/

基本的にトトは犬にも人にも問題ありません。できることもたくさんあるので、トトとは楽しい生活ができると思います。
トトの問い合わせはBCRNまで ↓
http://www.simanto.net/~bcrn/index.shtml

よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

『変化』 (BCRN保護ボーダー トトの日記より転記) ☆マッキーのいる生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる